foxyの日常 SR400fiでトコトコ

SR400fi 35周年モデルで通勤・ツーリング 時々カスタム&メンテ

2016年11月

昨日の雨の日ウェア記事のカッパ・グローブに続き、レインブーツを買いました

イメージ 1

ノルディックブーツというらしい
1180円+送料500円
雨の日の通勤用
長靴です
でも長靴より底が硬い、通常のブーツよりは柔らかい

SR400fiがバックステップなので、踵をステップに引っかけて乗るため、底が硬くて踵がある靴じゃないと運転出来ないんです

このレインブーツ(長靴だよ!)は、内側のボアが足の裏からつま先から全体に付いているので、防寒性が良さそうです
通勤だけだと勿体無いかな?
極寒ツーリングも行けちゃうかもね!?

去年は冬は、いつも履いている防水エンジニアブーツ

イメージ 2

で、極寒ツーリングへと行ったが、足の指先が寒さでヤられて、コンビニで靴下用使い捨てカイロを買った

イメージ 3


今年の極寒ツーリングは、このレインブーツ(だから長靴だって!)+使い捨てカイロで、こたつ仕様で行けちゃうかもね!?(笑)

あっ!レインオーバーグローブ(ゴム手袋だよ!)も

イメージ 4

グローブとの間にカイロを入れろば完璧かも?


ふと思った!
手の甲や手のひらより手首の動脈・静脈を暖めた方が血行がよくなって良いかもしれない
真冬に試してみますね

ワークマンのカッパ

イメージ 1

バイカーズ
何度か使用して思った事
普通のズボンより裾が10cm長いのはとても良い♪
本格的なバイク用品のカッパよりお値段が安いのが良い♪

上着にポケットが無い!
ズボンは膝パットを入れられるため、メッシュの裏地が膝までしか無い!
しかも固定されていないので、ズボンを脱ぐとメッシュが内側から出てくる!
なので、メッシュを膝辺りで4ヶ所を接着剤で固定した

収納した時にコンパクト性が無い

イメージ 2

左 ホームセンター製
右 ワークマン製(膝パット無し状態)
大きさはほぼ同じ
が、しかし

イメージ 3

厚さが2倍!

バイク便やお泊まりツーリング等ではよいけど、通勤や日帰りツーリングの帰りに雨が降るかも?という時にこの収納の大きさは荷物になって困る

今後は、ズボンはワークマン製・上着はホームセンター製で組み合わせて使用するつもりです

2りんかんオリジナルのカッパが超コンパクトで携帯性最高なのをみつけてしまった・・・7980円だったかな?


レイングローブ
結局、何にしても滲みてくる
なのでコミネのグローブカバー?オーバーグローブ?をしていた

イメージ 4

防水性最高♪
ゴムがキツくて嵌めにくい!
3本指タイプなので操作等は気を付けましょう

使いやすいのを探してワークマンへ
結果

イメージ 5

アトム製ゴム手袋(390円)
防水性は最強でしょう♪(笑)
蒸れとか防寒性はどうなんだろうか?

さすがこのまま使用するのも・・・
ダイソーの水性ペン登場

イメージ 6

表面を塗る

イメージ 7

ブルーとブラックのコンビネーション
スバルのブルーみたいて素敵♪

LLサイズを買ったので、この3シーズングローブの上に装着可能

イメージ 8

オーバーグローブ仕様
意外と暖かい♪
真冬の通勤時の雨は耐えられるのだろうか?

冬用のグリップヒーター対応グローブは

イメージ 9

厚くて無理でした
残念です


ブーツ
防水のエンジニアブーツを一年中履いてます
最近、防水性が落ちてきた!
手持ちの防水スプレーが無くて、プレクサスをスプレーしてます(笑)

SR400fiのブレーキパッドをブレンボ純正からベスラ製にようやく交換出来ます

イメージ 1

イメージ 2

このブレンボキャリパーは、キャリパーを車体から外さなくても、真ん中のピンを抜くとパッドが上から抜く事が出来ます
でも、ピストンを戻せないので、キャリパーを外さないとね

キャリパーを外す

イメージ 3

下側

イメージ 4

汚い!

ピンを抜いてブレンボパッドとご対面

イメージ 5

お疲れさま!今まで安全に努めてくれてありがとう♪

パッドの残りが上側からと下側から見ると厚さが違うって思っていたら

イメージ 6

段になっていた
約12000km使用して、パッドの残りは1.8mmだった
バックプレートの厚さは3.3mm位
ベスラのバックプレートは3.2mmだったので世界規格なのかな?
なので、バックプレートからローターまでが5mm近くになったらパッド交換の目安ですね

新旧比較

イメージ 7

ブレーキクリーナーでキャリパーを綺麗にして、ピストンを戻す

イメージ 8

古いパッドを当てて、ウォータープライヤーでギューっと!
女の子をギューってする感覚(笑)

もちろんキャリパーが傷つかないようにウェスを入れてます

マスターシリンダーからオイルが溢れないように注意


ベスラの新品パッドをヤスリで軽く面取り

イメージ 9

パッド裏にブレーキパットグリースを薄く塗って組み付け
キャリパーを車体に取り付けて、ピストンを正規の位置に戻すため、ブレーキレバーをニギニギして完成

交換後

イメージ 10

交換前

イメージ 11

比べると全然違う


パッドの当たりを出すため10kmほど試走

グーーーグッ!とブレーキを掛ける
効くーーー!!!

これブレンボ純正パッドより良いんじゃないの!
好みのブレーキタッチです♪ウフッ



送料距離 29437km

12月6日でSR400fi 35周年モデルを乗り出して丸2年になる
30000kmになるのと、2年を迎えるのとどっちが早いかな?

ブレーキパッド到着!

イメージ 1

信頼の日本製ベスラ
おまけの軍手付き

イメージ 4

滅多に安売りをしないベスラ
なんと3554円(別途送料756円)


My SR400fiのブレーキキャリパーはブレンボ 4ポット1ピン(定価17000円位)

イメージ 5

ベスラの型番が分からなくて調べまくった!

イメージ 2

VD-945JL
シンタードメタルパット

イメージ 3

厚みは

イメージ 6

バックプレートまで8mm
バックプレートは3.2mm

イメージ 7

パット自体は4.8mm


ようやくブレーキパッドの交換が出来ます
ブレーキオイルは、8月にラジアルポンプマスターに替えた時に交換して5000km位しか走ってないので、今回は交換無しです


今までのブレーキパット歴
ノーマルパット
もしかして、ラジアルポンプマスターに交換すると満足しちゃうかも!?

デイトナ製赤パット
最低です!パットカスが多い
パットの持ちが悪く、ローターがパットと同じ様に減ります

ベスラ製シンタードメタルパット
パットカス少な目、ローターの攻撃性が少なく、パットの持ちも良いです

キャリパー&ローター交換
ブレンボ純正パット
サンスター製ローターとブレンボパットの相性が悪いのか?最初の頃はゴーゴー鳴いていた
これが4POTなのか?
パットは12000km使ってます。もう限界です

今回購入のベスラ製
ブレンボ製キャリパー・サンスター製ローター・ニッシン製ラジアルポンプマスター・ベスラ製パット
最強でしょ!
楽しみ♪


用品店で聞いたお話を
バイクのブレーキパットは、キャリパー・ローターの関係で、3種類のパットの厚さがあるそうです
ベスラさんは良心的なメーカーなので、純正同等ちゃんと3種類の厚さを作成しているとの事

某メーカーさんなんかは、一番薄い厚さで全車種を作成してコストダウンをいるとの事
デイトナか?と聞いたら、苦笑いをして誤魔化した(笑)

やっぱりデイトナ製品で最低だ!
製造元がデイトナじゃなければOKだけどね(例えばニッシンとかショーワとかね)

誰も新品の純正パットの厚さを計らないし、交換する時にデイトナの新品と比較するから厚さの違いが分からないよね~
たから、ノーマルパットより持ちが悪いんだよなー

デイトナ製ゴールドボルトを付けているけど、ゴールドのアルマイト弱いもんなー
デイトナ製品嫌いです




ベスラとは?
ベスラの歩み
当社は、1950年に設立され、創業時には自転車用バンドブレーキの生産をしておりました。  当時, 自転車は、日常生活には欠かせない交通手段であり、主要メーカーへOEM納入をしていました。
 
時代の変化と共に、自転車にエンジンを取り付けたバイクが出現し、自転車からオーバイの時代の幕開けとなりました。自転車メーカーが、相次いで50ccのオートバイの生産に移行し、山口自転車のオートペット、宮田自転車のミヤペット、トーハツのランペットなどは懐かしい名前ですが、ホンダのカブ号は今でも存続する名車となりました。


当社もオートバイ用のブレーキの生産に移行し、各メーカーへOEM納入をして しておりましたが、、オートバイメーカーは淘汰の時代を迎え、当社の得意先は生き延びることが出来ず市場から姿を消してゆきました。
商品の売り先を失った当社は、ブランドを【ベスラ】と命名し、交換用のブレーキ販売をスタート致しました。
 
当時の補修市場は、安かろう悪かろうという商品が蔓延り、価格優先、品質無視という時代でしたが、ベスラは 、常に、品質を重視して、1964年の販売開始以来、今日まで一貫して品質を維持してまいりました。
 
自転車ブームの到来で、マウンテンバイク用のブレーキパットの生産を開始し、大変高い性能評価をいただいており、OEM供給、アフター市場への供給を開始いたしました。
ベスラの新商品をあなたの自転車でお試しください。
ベスラの語源と特徴

ベスラの語源は、ベスト ストップ ライニングの頭文字をとり、最善の制動力を発揮するブレーキを意味しています。
 
ベスラは日本製品であり、日本をはじめとして、米国、ヨーロッパ、世界各国のユーザー にご愛顧を していただいております。
 
ベスラは、国産車から外車までメーカー別の 品揃え、スクーター、スポーツバイク、ネイキット、ダートバイク、ATV,など車種別の品揃え、その上、完備されたデーターベースで世界各国で使用されている車種のブレーキが検索できます。是非、ご利用ください。ベスラブレーキの検索が容易です。
 
『安心,安全,信頼』がベスラのキーワードです。




次回はブレーキパット交換奮闘気をアップ予定
それともパフェレーサーの定義をアップしちゃう?(笑)

パフェが食べたくて・・・
調べまくったら、秩父市に最高のお店が有ることがわかった!
今日は暖かくて絶好のパフェ日和だ

山方面は寒いかもしれないので服装は
ロンT+セーター+革ジャン
タイツ+革パン
お店は11時開店なので、9時半頃にSR400fiを始動

R17・R16が珍しく空いて、スイスイと道の駅芦ヶ久保到着

イメージ 1

白バイ隊も登場

イメージ 2

違法車両じゃ無いから、捕まる事もないけど・・・
ちょっと時間差で出動


R140を秩父市方面へ
武州中川駅を過ぎ、秩父市役所荒川総合支所過ぎて右側

イメージ 3

カフェ&パフェ
にしき
秩父市荒川上田野1741-2
TEL0494-54-2327

イメージ 4

外観は民家の喫茶店

イメージ 5

月曜日定休日
11時~17時30分

昭和ぽい店内

イメージ 6

なんか落ち着きます
メニューは

イメージ 10

イメージ 11

本日の目的の手書きイラストパフェメニュー

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

20種類あり、何を食べるか迷ってしまい、お勧めを聞いちゃいました
初めての方は”にしきパフェ“を頼む方が多いです
との事で、にしきパフェとにしきブレンドコーヒーを注文

イメージ 12

イメージ 13

フルーツソースは手作りでフレーク等は一切入っていない
うっ!うまい♪
これは病みつきになる~
コーヒーも最高ッス♪

パフェをコンプリートするぞー!


陽気が良いからこのまま帰るのもね~
で、国道140号を進み秩父湖へ

イメージ 16

イメージ 14

ん?奥秩父もみじ湖!?
んじゃ もみじの前で

イメージ 15



さて帰るか!
帰り道に再び道の駅芦ヶ久保へ

イメージ 17

みそポテト(350円)

イメージ 18

もみじをバックにパクり
おぉーうまい♪甘辛みそがたまりませーん



18時頃帰宅
本日の走行距離 230km
本日の燃費 32km/l(レギュラー)


帰宅したら

イメージ 19

ブレーキパッド交換用のブレーキ&パーツクリーナーが届いた!
送料込み98円
この値段ってどういう仕組みなんだろうか?送料だけで赤字の様な気がするんだけど・・・

しかしブレーキパッドが届かない
多分18日着かな?

↑このページのトップヘ