foxyの日常 SR400fiでトコトコ

SR400fi 35周年モデルで通勤・ツーリング 時々カスタム&メンテ

2014年11月

本日は納車予定だったが、シート張り替え・タックロール加工が戻ってこなかったので納車日延期・・・残念( ノД`)…

これだと明日も無理だろうなー

そうなると自分の仕事の都合で12月6日土曜日だ

納車された当日にミニウィンカー・リアフェンダーぶった切り・テールランプ交換する予定だったのに~


仕方がないから読書して過ごしています

イメージ 1

SR 35年目の奇跡


そうだ!フロントショートフェンダーでも発注しちゃおうかな?

バイク屋から連絡があり、車検証が出来たとの事なので自宅にFAXしてもらった

FAXさらた車検証をまじまじと見ていると、なんかおもみのがある
ついにSR400 35th Anniversary editionのオーナーなんだ!

イメージ 1


納車前だから、グラストラッカーはまだ手元にあるので数日間は2台持ちって事?


車両は新車の組立・整備も完了しているとの事
あとはシートの加工待ち

イメージ 2

これを渡すだけか
これの存在を奥さんは知りません
というか、ハッキリと買い替えるとは言っていない!



30日に納車出来のか?
12月1日だと天気予報がね~降水確率60%だしー
2日はバイク屋が定休日だしー
30日納車でお願いしますよ!

バイクの安全対策で考えてみた
オヤジだから怪我をしたら治りが遅い
自分がどんなに気を付けていても、車が突っ込んで来たらアウトだし
結局、自分の身は自分で守るしかない


やっぱりライダーズジャケットが欲しいかな?
でも背中にメーカー名がデカでかと有ったり、デザインがいかにもって雰囲気だし・・・

でも、冬場は沢山着てるし、ツーリングにも行かないからいらないか?

ならメッシュジャケットでいいんじゃないの!?
冬場はメッシュの上にジャンパーが着れるんじゃない?
自分的には、最低でも背中(脊髄)プロテクターが欲しい

そんな条件の中では選んだのは
AirFishのメッシュジャケット

バイク用だから普通の服とは違うのね
結構ピチッとしていて、ばたつきを抑える様になっているんだね

オシャレ~♪
内ポケットも1つ付いているよ
これならSR400 Anniversary editionにも似合うでしょ!?

イメージ 2

サイドは編み上げデザイン

イメージ 1

前傾した時に背中が出ない様に少し長めになっている

イメージ 3

プロテクターは約8mm厚のウレタンパッドが背中・肩・肘に入っている(取り外し可)

イメージ 4



メッシュジャケットってもっと薄いのかと思っていたけど、意外と厚めでしっかりしているんだね
これ真夏は暑いのかな?


あとは膝パッドをズボンの中に着ければOK

先日Amazonに発注したウィンカーが到着

イメージ 1

イメージ 2

ウィンカーはSR400・500専用品
汎用品と何が違うんだろうか??

マフラーを何にするか?で悩んでいたので、取り敢えずデイトナのセンタースタンドストッパーも頼んどいた!


テールランプは明日着弾予定


で、結局マフラーは

イメージ 3

WM製キャブトンマフラー
&fi車用取り付けステー
を発注

WM製のキャブトンマフラーならバッフルが付属してるしね
音が大きかったら、百均のスチィールたわしを詰める技もあるしー


しかし問題が・・・
発送予定が12月17日位だそうだ
納車されてから、2~3週間はノーマルマフラーで乗らないといけない
まーどうせ慣らしをするようだから丁度よいか!?


あとはハンドルだね
純正よりもう少し幅が狭いのが欲しいなー
でもこればっかりは納車してからじゃないと解らないよねー


イメージ 4

スワローハンドルって乗りやすいんですかー?

SR400 35周年モデルの納車まで約1週間
カスタムパーツを物色中

取り敢えずウィンカーとテールランプをAmazonに発注

イメージ 1

イメージ 2

ウィンカーはPOSH製オレンジレンズの防弾型
テールランプキジマ製ミニキャッツアイ
本当はルーカスの方が好きなんだけど・・・
メッキフェンダーと合うかなって思ってね


あとは高額商品のマフラー
WM製キャブトンマフラー

イメージ 3

モーターガレージGOODS製テーパーコーンマフラー

イメージ 4

この2本で悩んでいます・・・
どっちも捨てがたくて発注出来ない




豆知識
キャブトンマフラー
途中から太くなって最後はまた細くなっているタイプのマフラーのこと。

1930年代に名古屋で営業していたバイクメーカー「みずほ自動車製作所」で作られた車体のブランド名が由来のようです。

のちに、このバイクについていたマフラーのレプリカが出回るようになり、現在までにキャブトンマフラーという形となっている。

「CABTON」の語源は大阪にあった中川商店の「みずほ自転車の販売店に買いに来てください」という英文の頭文字「Come And Buy To Osaka Nakagawa」からとっています。

↑このページのトップヘ