foxyの日常 SR400fiでトコトコ

SR400fi 35周年モデルで通勤・ツーリング 時々カスタム&メンテ

2008年11月

一度は行ってみたいと思っていたレジャーランド野田に娘とデートに行って来ました。
AM10時着で3時間(3時間1000円)
平日の昼間なので当然貸切りです。
イメージ 1

走行しているのは娘がドライブするタムギア
あっちこっちにぶつかりながら走行して(破壊?)それなりに喜んでいました。

イメージ 2

平日夜間1500円で9時間走行可能って魅力ですね(笑)

コースの周回方向を示すものが何も無く、貸切なので時計回りに周回する事にしました。
また、ここのカーペットはよく滑ります。(タイヤはTN-216)
マシンのセットがゴムドリ用になっていたという事もあるのですが・・・
そこで前後のリバンド量を少なくして、スプリングを少し硬めにセット

コース自体は長いのですが幅が狭く、ケツカキには厳しい状況(特に壁際のストレート)
今回ばかりはケツカキを諦めようかと本気で思いました。

ケツカキはストレートの攻略が本当に難しいです(汗)
コーナーを立ち上がって来てそのまま右で振り、左に振り替えして右のロングドリフトと繋がるのですが、左に振り替えした時に巻く状態(越谷でもタムタムでも同じ状態になる)
私のステア操作(多分切り過ぎ)とマシンの左右のバランスが微妙に違う様な気がします。(重量配分の関係もあるのかな?)

3パック終了間際で何とかライン&マシンの動きが読めるようになり、ノークラッシュで周回出来る様になりました。
しかしちょっとライン取りを間違うと即クラッシュでクルクルクル!

今回は、最後の方で満足いく走りが出来たのですが、何故か敗北感が・・・



P.S
12月にコースレイアウトが変更されるそうです。

久しぶりにタムタム大宮でゴムドリって来ました。
相変わらず貸切り状態だったので周りを気にする事無く練習し放題!!


マシンはタイヤのみゴムドリタイヤに変更した8Tケツカキ仕様
プロポのEPAを100%に設定
モーターは13T


ゴムドリのケツカキは難易度高いです。
カーペットの樹脂ドリでもまともに走れてないんですけどね(爆)
ストレートがボロボロ状態でケツカキを辞めてノーマルに戻そうかと思ったぐらいです。

しかし、ここで諦めたらケツカキに慣れる事が出来ない!
と、自分に言い聞かせてケツカキのまま特訓

余談なんですけど・・・
ケツカキはスロットルを握っている方がマシンの安定感が増し、カウンタードリは抜く方向でカウンターを当てる時間が長くなるという事を樹脂ドリの時に感じました。


何パックか走行しているうちに
ふと思ったのが、プロポのEXPでアンプのパワー曲線をもっと上げた方が良いのでは?
EXPを上げるとスロットルに余裕が出来るので、EPAを下げる事が出来るしね。
で、色々と試した結果
自分にあっているのは EXP 80% ・ EPA 70% でした。


パワー曲線を弄くった事でコントロール性が上がり、扱い易いマシンへとなってきました。


問題だった長~いストレートが
外側から立ち上がり段々と内側に入ってきて中央付近で外側に振り替えして1コーナーへ繋げるという走りで克服出来そうです。

何度か綺麗に決まって思わず「うわっカッコイイ!!」と叫んでしまいました(笑)
あまりの面白さに3時間の予定でしたけど、1時間延長しちゃいました!!



最近、タムタム大宮のコースも飽きて来ていたのですが、ケツカキのお蔭で面白さが戻ってきましたよ!!

しかしこれからの季節は屋外サーキットは厳しいね~

ついにやってしまいました。
前回の5T違いでは満足出来ずに禁断の8T違いのサイクロンケツカキ仕様


使用パーツは
イメージ 1

TRF415用35T
BD用20T

フロント 39T 16T  2.375
リア   35T 20T  1.75

415用はサイクロンとPCDが0.5~1mmほど(測定するの忘れました)違うが無理やり取り付け
BD用のベルトがかかる部分にM3のネジ穴加工をしたのですが、
裏側にピン溝がこれを使って取り付けたところベルト位置がジャストフィットでした(穴加工要らなかったです)


イメージ 2

左側16T 右側20T(ベアリングとの間に約4mmのスペーサーを入れてあります)
見た目で大きさの違いがはっきり分かります


イメージ 3

横から見るとスーパーギヤ押さえとほぼ同寸
ベルトの下側にヒートシンクの羽根が在ったのですが、切削加工しました。


我慢できずにラジ天 越谷へ

セッティングもスロットルコントロールもダメダメのグダグダ走行で 
他の方々へは大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。


しかし最終パックでは慣れてきた事もあり、結構良い走り(自分ではそう信じています)
ライン取りさえ上手く乗せろば、外周は内側に切ること無く、横を向きっぱなしです。
(Wワンウェイでかなりピーキーなため、立ち上がりでラインを決めてキープしていかないと・・・途中で軌道修正するとどっかに吹っ飛んでいきます)

内周も当然内側に切ることは無く、早い位置から横に向ける事が可能

ドリフト中はカウンター当てっぱなしで最高です!!


しかし、現在のセットだとピーキー過ぎてまともに扱いきれない。
もっとマイルドにしないとダメですね!

なので、センターをダイレクトに変更
スプリングをフロントHPIチタンイエロー・リアHPIチタンオレンジとフロントを少し硬めて弱アンダーセットへ
フロントワンウェイは次回の時に様子を見たいと思います。
(ボールデフだと左右の回転誤差が発生するため、リジットの方が安定しそうなんですけどね)


こりゃー当分ゴムドリはお休みかな!?

巷で流行のケツカキ仕様

MyサイクロンSサイクロン仕様も流行りに流されてケツカキ仕様にしてみました。
いずれはゴムドリでチャレンジするつもりですけど・・・
今はラジ天 越谷にてカーペットの樹脂ドリで修行中です(汗)



フロント
39T 16T(ノーマル)
リア
36T 18T

前後5T違い ギヤ比0.5375違いになります。

18Tはオプションのセンタープーリー
36TプーリーはCER用を使用しています。  
イメージ 1

センターの穴だけを拡大すれば(11パイ)簡単に取り付けられます。

あっ!因みにリアのデフはフロントリジットアクスルセットVer.3を使用しています。

このままだとベルトが弛んでしまうので、ベルトテンショナーを取り付けました。
イメージ 2

イメージ 3

フロントと同じパーツでベアリングのみ930を使用しています。

本当なら上から押さえてテンショナーを取り付けたいのですが、やっぱり弛んじゃうんですよね。
そのため仕方なく下側から押し上げています。
まーベルトは消耗品とことで・・・(苦笑)


走行してみると確かにカウンターを当てている時間(距離)が長くなっています。
う~ん カッコイイ!!
さらにスロットルを入れろば、入れただけドリフトが安定します。

ケツカキ仕様 楽しいな~

でも・・・ストレートはとても苦手 えっ!腕の問題だって・・・精進しようっと

今年の3月ぐらいにスタッドレスから履き替えた時にフロントのハブボルトを1本なめてしまいました。
5mmスペーサーを入れていたので頭の2~3山ぐらいなんですけどね。

6穴の車なので1本ぐらい無くても問題ないだろうと思って乗っていたのですが・・・
いや~ハンドルが取られる取られる(汗)


車検次期になったので自分で交換しようと思い、ボルト・ナットを用意して交換開始

ホイールを外し、ブレーキキャリパーを外して、ローターを引き抜く

後はローターとバックプレート外してハブボルトを打ちかえればOK


しかし・・・
バックプレートが外れない
普通はローターにタップが切ってあって、不用なボルトを締め込めばパキーーーンと凄い音と共に外れるんだけど、そのタップ穴がローターに無い

これバックプレート圧入じゃん!!

あっちこっち叩いてみたがやっぱり外れない(涙)

仕方なく諦めて元に戻す事に・・・


完成して試運転
あれ~ ABSのランプが点灯している

可笑しいと思い、もう一度組み直すが変わらない

うぉ~~~やってしまった!ABSのセンサーを壊してしまった!!



で、車検はボルトの頭をヤスリでねじ山を作って誤魔化して通してしまいました。
頭だけしかなめていないので、タイヤはしっかりと留まっています。


しばらくそのままで乗っていましたが、ブレーキを掛けると突然ABSが働き、とても危険
(運転している本人がびっくりする)

このままでは、ヤバイのでABSを殺す事に(ABSのヒューズを抜くだけなんですけどね)



最近ようやくディーラーに修理に出しました。
バックプレート一式交換で
修理代45000円オーバーです(痛)


メカニックの話だとバックプレート裏側にギヤみたいなのが付いていて、それがABSのセンサーだそうです。(車種により異なります)

確かにその部分を叩いて1個欠けさせたのを覚えている(汗)


さすがに奥様には僕が壊しましたなんて恐ろしくて言えません

皆さん 内緒にしといてネ!(笑)

↑このページのトップヘ